2020年10月3日土曜日

9月5週目の株式投資結果

週明け月曜日が権利付き最終日ということで、

予定通り(7711)助川電気工業 300株を売却した後、

(1961)三機工業を100株と(8306)三菱UFJ FGを300株買い、

日経平均爆上げの追い風をしっかりと受けた保有株式評価額が、

-1万円程度の評価損から+2万円弱の評価益に変わり、

確定の売買益も3万円プラスされ、

私の目算で6万円程度の配当&株主優待が加わり、

11万円弱の未確定を含む利益を精神面の支えとして、

200万円の3%(6万円)くらい下がっても良いかという感じで、

株式投資開始後初めての権利落ち日を迎えることになりました。


そして権利落ち日がスタートしたとたん、

約5万円程度の含み損に転落してがっかりしたものの、

まだトータル4万円くらいの利益が残るということで、

下げ止まらないかなーと様子を見ていましたが、

いくつか損切りして権利落ち日を終えました。


そして9月最終日。

朝からいくつか損切りをしながら様子を見てましたが、

午後イチの大きな下げが来たところで、

増えていくマイナスに耐えられずギブアップし、

1銘柄を残して全部損切り。。


権利落ち日がスタートした時点で全部決裁していたら、

5万円程度の利益が残ったはずですが、

欲張って株価が戻ることを夢見たせいで、

約8千円程度の利益になってしまいました。


約8千円の利益は株主優待品の金銭価値を含んでおり、

配当が予想よりも少なくなれば、

その分利益も圧縮されるというもので、

12月になれば少しずつ判明してくるでしょう。


ということで、

今週は権利付最終日から権利落ち日を経験し、

欲張ってはいけないということなど、

非常に良い経験をさせてもらいまして、

10月の相場に挑もうと思いますが、1日は取引中止で、

2日は購入する怖さに怖気づき様子見にしました。


週明け3日も下がりそうな感じだと思いますので、

リスクを恐れず落ちてくるナイフを拾おうと考えてます。


[ 保有株式 ] 

(4718)早稲田アカデミー 100株 評価損益 -3,300円

※評価損益は2020/10/2終了時点の株価で評価してます。


株式購入額 101,600円
評価損益 -3,300円

売買損益 -51,890円(売買手数料含む)
貸株料 10円
配当益(税引前) 0円
優待品評価額 0円

確定損益 -51,880円

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事