2021年1月9日土曜日

2020年 儲けた・損した銘柄5選

2020年は売買損益と配当、優待を含め、

5万円強の利益をえることができましたが、

その中から儲けが多かった銘柄とかなり損した銘柄を

それぞれ5つ紹介いたします。


儲けた銘柄は、

1位 (3244)サムティ +36,300円

2位 (7711)助川電気工業 +25,400円

3位 (2375)ギグワークス +21,700円

4位 (2124)ジェイエイシーリクルートメント +12,000円

5位 (6077)N・フィールド +10,000円


全て優待狙いで値上がりすると想定して購入し、

権利日前に利益確定した銘柄でした。

私にはこの方法が向いてるのでしょうかね?



損した銘柄は、

1位 (3475)グッドコムアセット -41,300円

2位 (8304)あおぞら銀行 -9,855円

3位 (4809)パラカ -9,439円

4位 (9707)ユニマット リタイアメント・コミュニティ -9,359円

5位 (8214)AOKIホールディングス -4,679円


1位は2021年に持ち越して苦労している銘柄で、

少しの利益を取れるはずが欲を出した途端に急落し、

致命的な難平を繰り返したり等の反省点が数多くあります。


2位以降は、株取引デビューをした9月の権利銘柄で、

配当や優待狙いで買ってみたものの、

権利落ち日からの下落でマイナスになり、

狼狽売りで損切りをしたため、売買手数料までかかりました。。



0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事