2022年2月26日土曜日

2022年2月の株式投資結果

自分の作ったマイルールを必ず守るという決意を胸に、
2月も真剣に相場に向かいました。


まずは、
長期保有しようと決めた銘柄で初めての優待改悪があり、
「(7337) ひろぎんHD 」は改悪発表翌日に100円利益で売りました。
結果的には売らずにホールドしたほうが利益が残りましたが、
優待改悪で総合利回りが悪くなった銘柄は売ると決めてますので、
決めたとおりに売ったということで良しとします。

さらには「(2914) JT」お前もか!という感じですが、
こちらは配当だけで、
保有銘柄の平均利回りを引き上げてくれているので、
もっと利回りの良い銘柄の購入余力が無いときに売ることにしますが、
恐らく売らずに持っているんじゃないかと思います。


1月から持ち越した「(5411) JFE」については、
決算発表前に薄利で売却し、私のトレード下手の極みでございますが、
リスクを取らないという選択自体は悪くなかったと思います。

「(8267) イオン」は300株保有から、
2月前半と権利日前に100株ずつ売って利確し、
100株は優待権利取得のために持ち越して3月中に売る予定です。


相変わらず、
やってはいけない取引をやり散らかしてまして、
「(6541)グレイステクノロジー」に手を出してしまい、
購入後に利食いを欲張った結果、急落を喰らい、
難平をしてしまって翌日持越しとなり、
翌日も同じように下げたら死ぬなと寝つきも浅く、
翌朝どうにか薄利で逃げ切れたということをしていたり、
さらには、1月に利益を出せていた
「(7383)ネットプロテクションズ」についても、
下落トレンドを受け入れることが出来ずに難平し、
さらにはストップ安を喰らってしまいまして、
大出血の損切となってしまうことになり、
難平もするべきでなかったし、
もっと早くに損切り出来たと強く反省することになりました。


権利付最終日に猛烈な下落を喰らいましたが、
最終的な2月トータルの損益は、
大きな損切がありつつも、
確定売買益は+2,400円で、
保有銘柄の損出しは無く、
短期売買銘柄の含み損は
32,200円から5,950円に減りましたので、
実質28,650円のプラスということで、
毎月2万円の利益を出すという目標は、
一応は達成ということにして、
3月こそは実質という言葉を使わずに確定益2万円を目標に、
気を引き締めて取引をするつもりです。


長期保有目的の銘柄は「(7337) ひろぎんHD 」を売りましたので、
替わりに「(1726) ビーアールホールディングス」と、
「(9760) 進学会HD」を買ってみました。

「(9760) 進学会HD」は長期保有条件が無いので、
3月中に配当+優待くらいの利益になれば売るかもしれません。


保有銘柄全体の含み益は、
権利付最終日前日まで最大で33万円くらいまで増えてましたが、
最終的に183,400円で終えました。


[売買益狙いの3月持ち越し銘柄]
(1419) タマホーム 100株 (長期保有でも良し)
(1518) 三井松島ホールディングス 100株
(2986) LAホールディングス 100株
(3467) アグレ都市デザイン 100株 (長期保有でも良し)
(4680) ラウンドワン 100株 
(8173) 上新電機 100株
(8267) イオン 100株


[長期保有目的の保有銘柄]
(1726) ビーアールホールディングス 100株
(2914) JT 200株
(3003) ヒューリック 300株
(3387) クリエイトレストランツHD 400株
(4718) 早稲田アカデミー 100株
(5970) ジーテクト 100株
(6339) 新東工業 100株
(7278) エクセディ 100株
(7840) フランスベッドHD 200株
(8101) GSIクレオス 100株
(8316) 三井住友FG 100株
(8591) オリックス 100株
(9760) 進学会HD 100株(含み益が増えれば利食い予定)

予定配当 105,900円 ( 配当利回り 4.55%)
株主優待  44,500円相当 (総合利回り 6.47%)


0 件のコメント:

人気の記事