2020年5月26日火曜日

Amazonでせっけん商品が削除される。。

Amazonでは新型コロナウイルスの影響で、
「個人の安全に関わる製品および家庭用品」として、
石鹸に厳しい出品要件があることが関係してるのか、
商品名に「せっけん」が付いた、
食器洗いだったりボディーソープだったり、
洗顔だったりする商品が削除されることが増えてきました。

何故削除されるのか?
意味が分かりませんでしたので調べると、
AIか何かで自動で削除されているらしく、
削除されるような商品じゃ無いとテクニカルサポートへ伝え、
回答を数日待っている間に商品が元に戻ってました。
(回答は無く、こちらでケースを終了しました。)

ということが5月に入って3回ほどあり、
2回目からは問合わせすらせずに待っていると、
勝手に販売が再開されてました。

明らかに間違ってると思ったら焦って返送依頼せずに、
待ってると何事も無かったように元に戻ります。
というお話でした。

2020年5月25日月曜日

修正申告による住民税の請求が届いた

5月の前年同月比売上が、
昨日終了時点でキャッシュレス補助金を含め、
52%となっていて今週あとひと踏ん張りのダメ店長です。

さて、
2019年10月下旬頃に行われた、
個人事業主としての税務調査を、
2020年1月末頃に修正申告しましたが、
2020年5月下旬に住民税の請求が届きました。

個人事業税の請求は4月上旬に届きましたけど、
修正してから税金の計算して請求書が届くまで、
約3-4カ月かかるって遅すぎないですかね?

税務署で修正申告されたら所得の修正が、
関係自治体にデータで通知され、
自治体では所得修正のデータで届いたら、
自動で納付書が作成されて、
即日郵送されるような仕組みになってたら、
こんなに時間がかかると思わないし、
そうあるべきだと思うんですが、
承認印や決裁印をたくさんあつめたり、
人の手間をたっぷりかけてやってるんでしょうかね?

健康保険税の納付書はまだ届いておりませんし、
忘れた頃にやってくるというのが、
税金関係の実態なんでしょうかね?



2020年5月22日金曜日

クロネコDM便との決別。

実はまだクロネコDM便で発送できるのですが、
3月か4月くらいから複数回、
センターの責任者らしいドライバーさんから、
「上から指示されたらクロネコDMを止めてもらうことになる」
と聞かされてきてまして、先日は5月吉日付けの、
「クロネコDM便にて送付いただいているお荷物の~~お願い」
という紙を1枚貰いました。

話を聞くと、当店がDMしか送れないはずなのに、
商品を送付しているんじゃないかというリストに入ったらしく、
(ドライバーさんは皆知ってるはずで、私も公言してますが)
中身を調べられる可能性があって、中身が商品だと判明したら、
クロネコDM便が使えなくなるということでした。

既に4月末に、
Yahoo!ショッピングやBASE、Qoo10のメール便発送を、
ネコポスに変更してまして、
Amazonの一部の(単価が安く薄い)商品だけ、
クロネコDM便を使っておりましたが、
現状止めることには大きな問題では無く、
ドライバーさんには、
「クロネコDM便を止めてもネコポスは増えないですよ」
「それでもクロネコDM便を控えたほうが良いですか?」
って聞いてみたところ「出来るなら控えてくれ」
という答えだったので、
今あるDM便発送じゃないと利益の残らない商品だけは、
赤字やむなしのネコポス発送で売り切って、
クロネコDM便と決別することに決めました。

時間的にも余裕のあるタイミングでちょうど良かったです。


今週もお疲れさまでした。

人気の記事