2021年3月9日火曜日

珍しく誤配。

テレビCMを見ていると、

楽天スーパーセールなる催しが開催されているようですが、

楽天市場出店者の皆様の調子はいかがでしょうか?


私は1年ほど前に退店しているので中の状況がわかりませんが、

理不尽な手数料増や規制に悩まされたりしてませんかね?



話は変わり先日、

いつものようにネコポスの未着の問い合わせがあり、

ルーチンワークのようにヤマト運輸に状況を確認すると、

「よく似た名前の建物に誤配しました。」という、

なんとも珍しいことになっていました。


商品代と送料を再負担しての再発送を覚悟していた私としては、

最低でも今回分の補償を受けることができてラッキーというか、

その後、誤配先から回収してお届けということになりましたが、

なんとも言えない感じになりました。


以前、建物にパート1とパート2があり、

「どっちですか?」

っていうドライバーからの問い合わせがあり、

お客様に確認したことあったなーと、

ふと思い出した今日この頃です。



2021年3月8日月曜日

来年セーフティ共済の任意解約か?

先日、社宅を購入するかもしれなくなり、
セーフティ共済の出口戦略について考えていたところ、
つまらない勘違いをしていたことに気づきました。

今の掛け金が550万円ほどで、
セーフティ共済を任意解約して再加入したとすると、
550万円の益金に対して再加入時の損金は、
年間240万円(20万円×12か月)が最大だから、
310万円くらい経費計上できないと解約しづらいなーと、
間違ったことを考えておりましたが、
期首に再加入すると、11か月分を普通に支払って、
12か月目に12か月分の前納をすると、
最大23か月分(460万円)の掛け金を、
1年で払うことができることに気づいたんです。

この方法なら90万円の経費が経常出来れば良くなり、
今の自宅を会社に売却して社宅にしたら、
登記費用や不動産取得税に、建物分の減価償却費など、
少なくとも90万円は余裕だろうということで、
来年すぐに任意解約するつもりで考えることにしました。


私の計算では200万円近く経費計上できると思うので、
来年1年で350万円ほどを掛け金にして、
その後は20年くらいかけて800万円に到達する掛け金にしつつ、
4年後から任意解約も選択できるような状況にしようと思います。



2021年3月5日金曜日

ネコポス紛失はゴネたもん勝ち?

この1週間くらいで、ヤマト運輸の集荷元の営業所から、

「受取人様が届いてないと言われてますので代品ありますか?」

ということが2回ありました。


(当たり前ですが宅急便では無く)どちらもネコポス発送の商品で、

ドライバーの誤配なのか、誰かが盗難したのか、

家族が受け取ってるけど気づいてないのかはわかりませんが、

代品=ヤマト運輸様に商品を購入いただけるということなので、

お客様は店に問い合わせるのではなく、

ヤマト運輸に問い合わせていただいたことについて、

ただ単純にありがとうございますと思うのでございます。


ですが、基本的に配達(投函)済みは保償しないという、

ネコポスの補償については納得いってなくて、

届いてないということについては証明が難しいので、

どれを補償するのかしないのかという線引きができないでしょうが、

届いたものが破損していたということについては、

現物の破損の内容を見てもっと柔軟に対応するべきだと思っております。


どういった基準で代品依頼にするのか投函済みと突き返すのか、

風貌で判断したりゴネたもん勝ちじゃないの?って思えることも

なんかもっとわかりやすい基準が無いのかなーって思います。




1週間お疲れさまでした。


人気の記事