2022年5月16日月曜日

5月も想定内の落ち込み予定。

先週木曜日に精神的な疲れがピークになり、

金曜日を乗り越えて休日に入りましたが、

金曜日の夜に足がつって起きるという、

体力的にもピークだったことが判明し、

土日はゆっくり過ごしたダメ店長です。



5月も2週間が過ぎ、だいたい今月の数字が見えてきて、

前年同月比の売上は65%前後、粗利益は80%前後という感じで、

相変わらずの酷い有様でございますが、

7月まで落ち込むことは想定内で、

会計データ上では思ったよりも落ち込んでませんので、

数字以上には上出来な印象を持っておりますが、

油断するといけませんので、

落ち込むのは仕方ないものの、

できるだけ落とさないようにと頑張っております。


物価上昇の影響は今のところ受けておりませんが、

仕入れ価格の上昇やら運賃の上昇やらが、

急にやってくると思いますので、

いつやってきても大丈夫とまではいきませんが、

影響を抑えられるよう、

利益だけは守り抜きたい所存でございます。



今日からまた1週間、

精神的も身体的にも余裕をもって過ごしたいダメ店長でした。


2022年5月13日金曜日

体力の低下。

GW明け初めての5日連続勤務ということで、

昨日の営業終了時にとんでもない疲労感が襲ってきたり、

最近発送ミスをしてないなーっていうことをふと思い、

そういうことを思ったらミスするという、

自分なりのジンクスを思い出し、

なんか嫌な感じになってしまったり、

体力的にも精神的にも限界寸前のダメ店長です。


ストレッチして体を軟らかくしようとしていたのも、

腰を痛めて一からやり直しですし、

体力の低下から老化をヒシヒシと感じ、

今と同じような仕事の仕方を今から10年続けられるのか?

って考えると、

徐々に変化する準備を進めていかないと、

瀬戸際に追い詰められてしまうなーって、

そんなことを思う週末でした。



1週間お疲れさまでした。


2022年5月12日木曜日

楽天から出店勧誘のメール(2022年5月)

久しぶりに楽天さんから出店勧誘のメールが届きました。

いつ以来かと調べると2021年9月から8カ月ぶりでした。


以下はメールの本文です。




お世話になっております。楽天の〇〇です。


5/18(水) 19(木)の2日間、「Rakuten ECセミナーWEEK」をオンラインで開催いたします。

昨年開催時には288社の皆様にご参加いただくなど、大変好評をいただきました。

参加費は無料ですので、お気軽にご参加くださいませ。


<お申込はこちらから>

https://www.rakuten.co.jp/ec/seminar/kantou.html

※既に営業担当を通してお申込いただいている場合、WEB申込は不要です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■Day1|5/18(水) 14:00-15:00開催

ゼロから始めるECセミナー by Rakuten ~ECを検討するための視点~


<内容詳細>

なぜECでの販売なのか。様々なECチャネルがあるが、どういう視点で検討をするべきか。マーケティング戦略を踏まえて、お伝えいたします。

<こんな方におすすめ>

これからのEC展開や拡大に向け情報収集されている方、新規事業としてECを検討されている方


<お申込はこちらから>

https://rakuten.secure.force.com/LeadSeminarForm?caid=7015F000001Geyq

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■Day2|5/19(木) 14:00-15:30開催

Rakuten ECノウハウセミナー ~出店店舗様も登壇!売上の公式から見るECでの売り方~


<内容詳細>

どうすればECでの売上があがるのか。実際の店舗運営の流れはどうなるのか。ECでの売上の公式から見る、具体的な販売施策や出店店舗様をゲストに迎えたEC運営のリアルをお伝えいたします。

<こんな方におすすめ>

ECでの販路拡大に向けて具体的な検討をされている方


<お申込はこちらから>

https://rakuten.secure.force.com/LeadSeminarForm?caid=7015F000001Geyv

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Rakuten ECセミナーWEEK概要

● 参加費:無料

● セミナー形式:オンライン配信(Zoom)

※Zoomという無料のWEB会議システムを利用いたします。

※セミナー参加方法の詳細は、開催日の前営業日までにメールでご案内いたします。

● 申込〆切:5/17(火) 11:00

※本セミナーはご参加者数に制限があり、先着順でのお申込受付となります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━


お申込はWEBまたはこちらのメールへのご返信にて、承っております。


<WEBで申し込む場合>

以下のURLから、該当日時を選択しお申込ください。

https://www.rakuten.co.jp/ec/seminar/kantou.html

※既に営業担当を通してお申込いただいている場合、WEB申込は不要です。


<メールでご返信いただく場合>

下記フォーマットにて、ご返信をお願いいたします。

-------------ココから---------------

※該当項目に〇を付けてください※


■Q1. 楽天市場 新規出店 LIVE ECセミナーへの参加を希望する

├【 】 Day1|5/18(水)の参加を希望する

├【 】 Day2|5/19(木)の参加を希望する

├【 】 両日参加を希望する

└【 】 希望しない


■Q2. 当日ご参加予定の方について

会社名【           】

お名前【           】様


■Q3. その他ご相談等がございましたらご記載ください。

(           )


---------------ココまでを返信してください---------------


ご不明点やご相談等ございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

ご参加を心よりお待ちしております。


<資料請求はこちら>

https://ecappfrm.rakuten.co.jp/lead/?fcont=f&camp=7011000000092fV&scid=mail_sales_seminar


楽天 〇〇


====================================


楽天グループ株式会社 - Rakuten Group, Inc.

┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓〒530-0005

┃楽┃┃天┃┃市┃┃場┃ 大阪府大阪市北区中之島3-2-18

┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛   住友中之島ビル1F


マーケットプレイス事業 

ECコンサルティング部 店舗開発課

関西エリアグループ 

大阪エリア第一チーム

アシスタントマネージャー


担当 : 〇 〇/〇 〇

電話番号  :050-5817-〇〇〇〇

メール :  〇.〇@rakuten.com


====================================


2022年5月11日水曜日

後払いドットコムの手数料値上げ。

先日、後払いドットコム様からメールが届き、

2022年8月20日以降の請求書発行分より、

請求手数料が値上げされるということが記載されていました。


請求書の同梱タイプで税抜き85円から120円に、

請求書の別送タイプが169円から204円になるということで、

コンビニ収納代行手数料値上げ要請を受けてのことだそうです。


他社がどう動くのかわかっていませんが、

私が加入しようと検討した時点では最安に近かったと思いますが、

今回の値上げで他社と比べても安く無くなるのかな?

見直した方が良いのかな?って思ったりもしますが、

お客様から頂く手数料に若干余裕を持たせてるつもりですし、

毎月の件数的に数件程度の話ですし、

今までの付き合いもありますし、

他社に移るかどうかを検討せずに継続を予定しています。



2022年5月10日火曜日

販売機会ロスの影響が大きくなってきた。

先週金曜日に酷かった腰痛をかばったせいなのか、

元々の姿勢が悪いからなのか、

土曜日から今度は右の大殿筋が痛くなってきて、

歩くのにも椅子から立ち上がるにも筋肉痛のような痛みがあり、

まだ若干の痛みが残っているダメ店長です。



GWの出勤日の時点では、

前年同月比でも100%を少し上回るような感じで、

GW明けに注文が増えるだろうしかなり好調だなと、

そんなことを考えていましたが、

週明けには大きく落ち込んでまして、

連休前から連休期間中に注文が減り、

連休最終日あたりから増えてくるという感覚が、

古くなって間違ってるのかなーって思いました。


今はそういった要因よりも、

在庫が潤沢にあるかどうかが重要になっていて、

GW開始前に在庫を確保したのでGW期間中の注文が多くなり、

GWが終わりかけると欠品が増えてきて注文が減るという、

そういうことなんだなと認識を持ち、

自己発送の商品は今日明日で在庫を補充し、

FBAの商品は今週末までには1度納品したいなという感じでございます。



今日と明日は仕入れた商品の受け入れを頑張ります。


2022年5月9日月曜日

色が違うクレーム。

先日の個数不足クレームがあり、

嫌なことは続くという自分なりの法則があって、

例に洩れず今度は、

画像と実物の色が違うというクレームが入りました。


今は色の違いが問題にならないような商品の取り扱いが多く、

商品ページの画像と実物の色の違い問題を、

まったく気にせず販売しておりましたが、

この商品は色で選ぶというようなこともあって、

私にとっては若干の違いだと思いますが、

返品要求を受け入れることとしました。


ですが、今回の件で許せないのは、

「同じ商品を何度か購入し、私が届けた商品の色と同色だった」

というような言葉が添えられていて、

わかってるんやったら注文する前に確認しろよ!

っていう怒りが沸いてくるのです。


100サイズの商品ということもあって、

往復の送料で大損となり、

商品ページにも「画像の色と実物に若干の違いがある」

というような断りも記述しているので、

返品を拒否することも考えましたが、

こういう人と関わりたくないし、

嫌味の一つでも返してやろうかとも思いましたが、

商品に傷をつけられたら困るので、

最低限度の言葉で返品を受け入れることにしました。


ということで、

この人も要注意人物リストに追加です。


2022年5月6日金曜日

個数が足りないクレーム。

GW休暇中の暴食で体重が2022年最高を記録し、
前屈のストレッチをやり過ぎたのか腰痛が再発し、
前途多難なGW明けを過ごしているダメ店長です。


ネットショップの開業以来、
代引きの受け取り拒否やら、
理不尽なクレームやらしてきた人を、
次回の注文時に気を付けることができるよう、
要注意注文者として記録するようにしていました。


GW中に「個数が足りない」
とメッセージを送ってきた人がいて、
どう考えても間違っている可能性は低く、
でも絶対かと言われると絶対とは言い切れず、
不足分を返金対応にした人がいて、
この人を1年ぶりに記録しておきました。


ケース単位で発注し、メーカーの箱入りで届き、
発注した数が入ってる前提で受け入れる時もありますが、
最近は入り数を数えるようにしてて、
それでも中身が足りないと言われると、
発送前に写真撮るくらいしかできませんが、
それでも発送後に誰かが開封する可能性もゼロでは無く、
かかる手間とこういうことが発生したときの損失を比較し、
手間をかけないとしている私としては、
こういうのを受け入れないといけないと理解できますが、
簡単には受け入れられませんよね。


皆様はこういったときはどう対応されてますか?
こうならないように何か対策されてますでしょうか?


実店舗と違って万引きリスクはありませんが、
こういったことがあるんですよねー
て思うのでございます。

2022年5月2日月曜日

2022年4月の営業成績

4月が終わり5月に突入し、ありきたりですが、

1年の1/3が終わり、時が過ぎるのが早過ぎですよね。

と思いながら出勤をしているダメ店長です。


2022年4月の営業成績は、

前年同月比の売上が66%、粗利益が83%と、

売上は大きく減少しましたが利益的にはなんとか踏んばった?

という感じでございまして、

先月比では売上が109%、粗利益が115%で、

2022年の最低月からややV字で戻すことになり、

ノーモア3月を合言葉に頑張ることが一応は出来ました。


前年同月比で減少しているのは、

FBAの売上が減少しているのが原因なのは相変わらずで、

その代わりに自己発送を増やしているのですが、

FBAの減少分を賄えるほどには至っておらず、

やっぱりFBAも増やしていかないといけないのかなと、

そういう方向に考えるようになっていて、

5月からはとりあえずFBA自己発送関係無く、

取り扱い商品数を増やしていきます。


脳の無い私にはこれしかできません。

人気の記事