2014年12月30日火曜日

所得税を納税した領収書は捨てたらダメ。

私の失敗談です。

今年、
節税目的で経営セーフティ共済に加入しようと考え、
銀行に申込用紙を提出して、
12か月分の前納をすればよい段階にまで準備し、
29日に提出しようと考えましたが、
29日は税務署が開いてなくて、
納税証明書(その1)を取得することができず、
今年の加入を断念せざるを得なくなってしまいました。

納税証明書は、
所得税を納税した領収書でも代用できるのですが、
捨ててしまったようで、
ドコを探しても見つかりませんでした。
��住民税とか固定資産税の領収書はあるのに。。)

教訓としては、
まだ経営セーフティ共済に加入していなくて、
年末に加入するかもしれない人は、
その年の所得税を納税した領収書は捨てたらダメ。
ということで、
来年の領収書は絶対捨てません。
��納税証明書を取得するのに400円かかりますし。)


6万円掛け金を払おうと考えてましたが、
それができず、
1万6000円ほどの税金(所得税、住民税、健康保険税)を
支払わなくてはいけなくなってしまいました。


みなさまは、
こんなアホ店長みたいなことにならないように
気をつけてくださいね。



0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事