2015年10月6日火曜日

代引きの受取拒否が発生する確率はどれくらい?

先日、代引きの受取拒否が発生して頭にきているところなので、
代引きの受取拒否が発生する確率をざっくり算出してみました。

私の店で実際に発生しているのは、
受け取り遅延が年間3件程度あり、
実際に返送となったのは年間1件で計算すると、
受取拒否で返送になる確率は、
代金引換決済注文の「0.3%」でした。

この0.3%(約333件に1件)というのが多いのか少ないのか分かりませんが、
ドライに考えると受け取り拒否が発生した損失が2,000円とすると、
代引き手数料に6円ほど乗っけたらいいということですね。
��大切なお客様に負担させたくないので私はしませんが)


受け取り拒否になりそうな注文の傾向があり、
・モールの注文なのにモールの会員ではない注文。
・配達指定日が1週間以上先の注文。
・普段あまり売れない商品や数量(多い)の注文。
・商品単価よりも送料、代引き手数料が高い注文。
・一人住まい用のマンション住まい。
の場合は要注意な気がしています。

怪しそうな注文を全て疑ってたらキリがないですが、
返送送料が普段よりかかるような注文のときは、
電話してみるとか決済方法を変えてもらうなどの対応はアリかもしれませんね。


0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事