2017年4月19日水曜日

楽天市場のhttps化対応

以前から「楽天市場ページがhttps化される」という案内が届いていますが、
ヤフーショッピングでも同様の対応が行われている途中で、
一括変換の申請を行えば特に作業をすることも無く安易に考えてました。

先日、
「https化対応のためにCSV商品一括編集機能を無料にします」
というメールが届き、
あの楽天が月額1万円の機能を無料提供するくらいなのだから、
店舗側で何らかの作業をする必要があるんだなーという認識になり、
どういうものなのかを確認してみると、
最低でも2017年6月30日(金)までに、
トップページを自力で編集(httpをhttpsに)する必要があり、
それとは別で期限は不明ですが、
フィルタリング対応というものが行われなくなるまでに、
カテゴリーページ、商品ページやデザイン設定の内容など、
すべて編集しないといけないという理解をしました。


フィルタリング対応がいつ行われなくなるのかわかりませんが、
CSV商品一括編集機能が無料の間に商品ページを直しましょう。

それとは別に並行して、
カテゴリページやデザイン設定を一つ一つ確認し、
何か入力されていればhttpsに書き換えましょう。



0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事