2020年2月29日土曜日

楽天 緊急停止命令のその後。

公正取引委員会が2020年2月28日に
楽天市場に対して緊急停止命令を申し立てました。

多くの楽天市場出店者は、
公正取引委員会の力強いメッセージに安堵されたと思いますが、
楽天も即時に強行を貫くメッセージを出しましたので、
今後どうなるのかを考えてみました。

東京地裁で緊急停止命令を出すかどうかを検討し、
楽天が自主的に撤回しない限り恐らくは、
命令が出されることになります。

過去の例から、
判断されるまでに最短20日最大3か月かかりますので、
3月18日にギリギリ間に合うかどうかというところで、
たとえ3月18日までに緊急停止命令が出されたとしても、
楽天は違法では無いと強硬の姿勢をとっておりますので、
高裁、最高裁まで戦うことも考えられますので、
一旦は3,980円送料込みラインがスタートされると思います。

3月18日以降も楽天市場に出店される予定の方は、
準備をしておく必要があると考えるべきでしょう。


ちなみに、楽天が、
「マーケティング・物流支援および支援プラン」
としれている内容について、
ポイント原資は出店者も負担してますし、
モバイルなんて使い物になるかどうかも不明ですし、
送料無料の強要前と何ら変わらないことを支援と言うか?
って思いますよね。

物流支援についても、
楽天のような会社に商品を預けることが無理な話で、
特別運賃プログラムも特別な運賃じゃありませんし、
まったく支援になってませんよ?


0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事