2020年6月22日月曜日

5月の理不尽な返金要求で低評価がつけられました。

5月に「理不尽な返金要求」という記事を書きました。

簡単に言いますと、
レトルトカレーの商品だったとしてパッケージに、
「辛さレベル3」と書かれた商品で、
「こんなの辛さレベル3じゃない!」と言われたようなもので、
「返金しろ」と言われましたが、
お客様都合(送料負担して返送したら返金する)
と突っぱねましたところ、
マケプレ補償やチャージバックの申請は現時点では無く、
納得はしてないけどさらなる行動は自制していただけたのかな。
と思っていましたところ、店舗の評価に1点を付けられました。

評価の内容的には、
最初の指摘事項以外に終始していて、
(レトルトカレーの商品だったとすると)
「美味しくない」だとか「変な香り」というようなことや、
「私はカレー専門店の店主だがこんなカレーは客に出せない」と、
商品の文句についてつらつらと記載されてました。

とりあえず自動判定の削除依頼をかけてみましたところ、
削除対象じゃないとなってしまいましたので、
ケースを再開して「コメントが商品レビューに終始する場合。」
という削除条件に当てはまっていると、
再度削除の依頼を行いました結果、
無事に低評価レビューを削除していただけました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事