2015年5月8日金曜日

安売りとアピールせずに安売りする。

定価販売したいけど定価では売れないし、
安売りしたら安売りが定常化するのでしたくない。
というような出店者様は多いと思います。

安売りとできるだけ認識させずに割引をしている事例で、
こういうやり方があるんだと感心したのは、
宅配ピザ屋の「1枚買ったら1枚無料」です。

普通に考えたら50%OFFなのですが、
50%OFFの文字が全く無く、
あまり仕組みを考えないお客様には割引ではなく、
1枚無料プレゼントという認識となり、
次回は通常価格で購入することの抵抗は、
50%OFFとした場合よりも少ないでしょう。


このやり方の良いところは、
��割引という表現を使わないことだけでなく、
50%OFFのときは売上も50%OFFになる可能性が高いのですが、
1枚無料にすると、売上は普段と変わらないのです。
��原価は2倍かかってきますが。)

まあこんなことできるのは、
宅配ピザ屋のような原価率の低い店だけですが、
「量を増やして価格はそのまま」ということは、
自店舗にも取り入れることができるのではないでしょうか。
��ポテトチップなどの食料品もたまに量が増えてますね。)


0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事