2015年6月30日火曜日

アマゾンスポンサープロダクトの運用2ヶ月目。

1ヶ月目もある程度数字を公表させていただいた、
アマゾン スポンサープロダクト(広告)についてですが、
2ヶ月を過ぎましたので現状を公開させていただきます。


全体の売上高広告費比率については、
1ヶ月目0.79%に対して、2ヶ月間で1.49%となりました。

売上高広告費比率が1.49%の凄さは、
楽天市場の広告で考えると、
サーチワードのCPC広告が1クリック50円として、
クリックされる毎に3,350円の商品が売れるということです。
ありえませんよね。


ターゲティングの「オート」と「マニュアル」では、
マニュアルのほうが
クリック率が1.5倍、売上高広告費比率が5倍良い結果となっていますので、
アマゾンのキーワード選定よりも
売れるキーワードを知っている店舗の力が優れてるということでしょう。

オートはオートで、
考えていないキーワードのアクセスを集めることができる良さがあるので、
基本はマニュアル、広告費に余裕があればオートもという感じでしょうか。


運用としては、
マニュアルのみ運用を目指すために、
オートで良さそうなキーワードをマニュアルに入れたり、
同じキャンペーン内で売上高広告費比率が低い商品を外したり、
という感じで少しずつ成果の向上を目指していきましょう。


0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事