2015年7月27日月曜日

現時点で最高の選択肢を選べるように。

店舗運営を長く続けていると、
「今まで~だったから」という考えが増えてきて、
徐々に保守的な考えが頭の中を支配してきます。

そんな保守的な考えは無い。
と言い切れる人には無用ですが、
現時点で選べる最高の選択肢の選び方についてです。


例えば、
10,000円で販売して売れていた商品が最近まったく売れなくなってきていて、
他店の価格を調べると最安価格が8,000円になっていたとしたらどうしますか?

この時点で選べる選択肢としては、
A 10,000円のまま継続して売る。
B 最安価格8,000円に合わせる。
C 中間点の9,000円で様子をみる。
D さらに安い7,000にして在庫一掃する。
などが考えられると思います。


選択肢A~Dで売った場合の商品の販売予想個数を試算して、
どれだけの限界利益(粗利)を獲得できるか。
という該当商品を販売した利益の大小で選択しを絞りつつ、
値下げ販売しないというポリシーであれば、
値下げ販売したときのリスク(現顧客が離れる可能性など)や、
値下げしたことによる他商品の販売機会損失、
値下げしたことによる集客力アップや同梱注文増加など、
間接的な利益増減を考慮して、
現時点で考えられる最高の選択を行うべきなのです。

値下げしない主義だから現状のまま売る。
売れなくなったら一律10%引いて売る。
など、
今までの行動をベースに考えていると、
最高の選択ができなくなってきますので、
定期的に考え方の見直しを行いましょう。




0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事