2015年12月17日木曜日

調査嘱託の回答が返ってきました。

代引きの受け取り拒否者に対して少額訴訟で訴えましたが、
訴状の送達ができず(受取らず)に居住調査を行うことになり、
住民票を請求したところ住民票も無く、
できる限り被告の情報を取得しておきたいということで、
携帯電話の契約者情報とマンションの契約者情報についての
調査嘱託申立書を裁判所に提出して採用されました。


そして、
NTTドコモから調査嘱託の返答があったと、
裁判所から電話があったので内容を見てきました。

注文者名は女性でしたが携帯電話の契約者は男性名義で、
しかも契約者住所は注文者(送付先住所)とは違う、
隣りの都道府県に在住で全く意味が分かりませんでした。
��後々結婚か交際している相手か?と思いました)

そして記載された電話番号に電話してみると、違う名前の男性がでました。
話しぶりからも回答のあった名義人とは別人のようです。
もう全然理解できません。。

26日から27日に予定している居住調査は、
住んでる前提で調査するのかも分からないままで、
残っている希望はマンション管理会社の回答です。




0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事