2016年1月14日木曜日

居住調査報告後「付郵便」で送達されました。

代引きの受け取り拒否者を訴えた少額訴訟で、
送達を受取らないため昨年暮れに居住調査を行った後、
「いるか不明だからマンション管理会社に健康保険証情報の調査嘱託」
というストーリーになるように、
調査報告書を提出しようと考えて行動していましたが、
結果的に私の余計な一言で「付郵便送達」になりました。

ベランダから明かりのついていない部屋を写した写真と、
集合ポストに名前が無い写真に加え、
近隣住民への聞き取り調査(そんな人知らない)や、
マンションの管理会社の聞き取り調査(個人情報は教えられない)など、
被告が住んでいるとは言い切れないような調査報告書を持って、
簡易裁判所の書記官に調査内容を説明し、
「付郵便にできるならそれでいいですが、
 確実に届けるためにマンション管理会社に健康保険証情報を調査嘱託し、
 就業場所への送達を行いたい。」
というような話をした後、
書記官が「検討させてもらってから電話します」
ということでその場は終わりました。

私としてはストーリーどおりの展開を想像していましたが、
その後の連絡で「付郵便送達させてもらいます。」という回答となり、
「どう考えればこれで付郵便ができると思えるの!?」
ということで頭がいっぱいになりましたが、
調査報告を見せに行ったときに口走ってしまった
「ヤマト運輸のドライバーが言うには、荷物を受け取ることがあるらしい」
ということを重要視したようで、
「調査報告書に追記してドライバーの聞き取り内容を記載してください」
というリクエストを受けました。

そして、リクエストどおり追記した調査報告書と、
付郵便送達の送達上申書を提出し、無事に送達が終わってしまい、
付郵便送達にビビってお金を払ってくれることを願うだけです。




0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事