2016年3月21日月曜日

メーカーからアマゾンでの販売自粛要請。

主力商品がオフシーズンになってきたので時間の余裕が増え、
月に数個でも売れそうな商品で利益率が10%超えるようなものは、
じっくり検討してから決心がつけば仕入れてアマゾンに送ることを、
2月下旬くらいからやっています。

そういうことをしていると、先日とあるメーカーから
「アマゾンで販売している商品を販売しないで欲しい」
という電話がありました。

アマゾンで売るために仕入れた商品であり、
今の主力ジャンルとは違う商品なので楽天やヤフーでは売りにくく、
販売を取り下げると不良在庫になってしまいますので、
販売の継続を基本線に話を続けていると堂々巡りになり、
メーカーとケンカしても良いことがないので、
販売止めてもいいかなーなんて気になりながら話を続けました。

販売を自粛しても良いということを伝えて話を続けていると、
「卸先にこの商品をアマゾンで売らないように約束してるので
 どの卸先から仕入れたのかを教えて欲しい。」
ということを聞かれ、
私自身はアマゾンで売らないように指示されたことは無く、
仕入先を教えると仕入先に迷惑をかけるかもしれないので、
「教える義務が無いので教えられない」ということで拒否しました。

「なぜ教えられない」
「卸し先に指導しないといけないから教えろ」の1点張りでしたが、
仕入先ともメーカーともそういった約束をしていないということで拒否し、
同じ主張を繰り返されるのが鬱陶しくなったので
「やっぱり商品の販売を取り下げない」と
ケンカ別れで話を終えました。


その商品以外はメーカー以外も売っていて、
何故かその商品だけメーカーのみの販売となっていたので、
そういうことだったのかと電話を受けて気付きました。
��独占禁止法的にアウトちゃうんかなーー)

何事もやってみないとわかりませんよねー
ってことで話を締めくくらせて頂きます。



0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事