2016年4月5日火曜日

代引き受け取り拒否者との第2ラウンド開始。

2015年10月に発生した代引きの受け取り拒否について、
少額訴訟で訴えて2016年2月に勝訴しましたが、
私の目的としては、
「受け取り拒否者に悪いことをしたんだと認識させる」ことと、
「受け取り拒否者に損害を支払わせる」ということであり、
少額訴訟の勝訴では目的を達成できていませんので、
受け取り拒否者に対して、
居住確認のために使った交通費や、
探偵に依頼した勤務先の特定費用などに、
私の人件費を加えた金額の支払督促を、
簡易裁判所に申し立てました。

既に支払い督促の申し立ては受け付けられ、
請求の趣旨及び原因などの訂正を裁判所書記官から指示されて再度郵送し、
早ければ先週末には送達が開始されていると思います。


少額訴訟の送達(通常、休日夜間、付郵便)を1度も受取らなかったので、
今回も受取らずに2週間過ぎてくれることを願っていて、
一番の課題は、
探偵が勤務先(給与支払元)を特定できるかどうかと考えてます。

この第2ラウンドも
何か進展があり次第記事にさせていただきます。



2 件のコメント:

  1. 通りすがりの者2016年4月6日 11:41

    同じ通信販売業務を行っている者です。
    私も代引き受取り拒否者に困ってますが、何もできない現状です。
    応援してます。
    頑張って下さい!

    返信削除
  2. 通りすがりの者様
    コメントありがとうございます。
    こんなことに労力と費用を使いたくは無いのですが、
    許す自分を許せないということだったり、
    人生経験ということでいろいろやってます。
    今回は探偵に勤務先調査を依頼したので、
    金銭的に後に引けなくなりました。

    返信削除

人気の記事