2016年6月16日木曜日

標的型ウイルスメールに注意しましょう。

ネットショップを運営していると、
ショップの連絡先Eメールアドレスを表示しているので、
様々な営業メールやスパムメールが届きます。

ウイルス対策ソフトをパソコンにインストールしていると、
見るからに怪しいメールはウイルスとして隔離されますが、
中には楽天市場からのメールを装った
「【楽●天】スーパーSALE号|転換率UP」といった件名の「にぎわいぞうさん」や、
モール内SEO方法を教えるといった件名でファイルを添付してくる、
「アールワイコンサルティング」という怪しい業者からのメールも届きます。

知らないところからのメール(特に添付ファイル)は開けない。
という大前提はありますが、
興味深いEC店舗運営に関係する件名だったり、
お客様からのメールを装われると難しい面もあると思います。

知らなかったでは済まないことなので、
第一にウイルス感染した場合のリスク(情報漏えい)を考え、
本当に開封するべきメールなのかを判断しましょう。
��プレビュー表示も場合によっては危険です。)




0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事