2016年6月7日火曜日

仮執行宣言付支払督促の再送達(付郵便)が発付されました。

仮執行宣言付支払督促の送達が配達時不在で不送達になり、
すぐに再送達の上申書を郵送したのですが、
郵便が裁判所に到着してから1週間でやっと再送達されました。

これからの予定としては送達証明書の請求しますが、
郵送で2日かかり受付までに1週間くらいかかるようで、
そこから返送に2日かかるというと、
送達証明が返送されてきたころに、
仮執行宣言付支払督促の送達後14日という感じになり、
返送されたらすぐに給与債権の差し押さえ(強制執行)となりそうです。

債権差押命令申立ての流れを確認すると、
何をやるにしても必要だった送達がまたまた必要で、
送達して7日後から差し押さえが開始となり、
夏の賞与(6月下旬)の差し押さえには間に合わなさそうですが、
退職という最悪の事態も考えられるので、
できる限り最短での回収を目指します。

とりあえず2週間何事もなく(異議が出されず)過ぎることを願います。


0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事