2017年11月10日金曜日

粘り勝ちで補填ゲット。

9月下旬から納品ミスが頻発し、その中の1件に、
納品した可能性が100%に近いのに未受領となったものがありました。

受領不備の発生時にも「納品した可能性が非常に高い」と、
調査依頼を行いましたが、回答としては「受領していない」
ということで終わりました。

その後、
商品が多く受領される受領不備が発生し、
「多く送った覚えがない」と調査依頼を行ったところ、
「倉庫のミスでした」という回答で、
増えた在庫が元どおりに戻されました。

その後さらに、
同じ身に覚えのない受領不備(商品が多く受領された)が発生し、
前回「間違いが起こらないようにする」ということだったので、
これはアマゾン様が以前の未受領を気にかけて、
在庫の配給をしてくれるんだろうと私なりに解釈し、
「多く送りました」ということにしました。

そうして数日たったある日、
知らないうちに多く受領されたものが元どおりになっていたので、
「そんなんおかしいやないか!」
「そっちの損する間違いはこっそり元どおりか!」
「以前の未受領も調査し直せ!」
というようなことを丁寧に説明したところ、
「いろんなことを総合的に判断し」
未受領品の商品代金の補填を受けることになりました。

粘り勝ちですが、
今後は納品前にダンボールの中の写真を残すべきですかね?



0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事