2019年8月2日金曜日

共通の送料無料ライン3,980円(税込)(加筆訂正あり。)

担当から聞いたという声がRONに載っていましたが、
聞いた声どおりに年初に発表されていた、
楽天市場の送料統一化について、
共通の送料無料ライン3,980円(税込)と発表され、
サポートニュースという名のメールが届きました。

たしか店舗と話し合う的な言葉があったと思うんですが、
どの店舗と話し合って決まったんでしょうかね?

一部の店舗とは話したかもしれませんが、
聞く耳があるとは言ってませんもんね。

しかも、
年初には補填も考える的な言葉がありましたが、
今は無かったことにされているようで、
サポートニュースに補填という文字がありましたが、
「ほとんどの店舗が変わらないか下がる」
と嘘をついたアフィリエイト課金増の補填でしたね。


クール便と160サイズを超える商品は対象外らしいので、
ウチの商品は全部クールで送ることにしようかな。
って店舗が増えるかもしれませんというよりも、
退店せざるを得ない店舗が多くなるでしょうね。

2020年年初のスタートを目指してるらしいので、
開始と同時に改装中にしたまま契約終了ですね。


公正取引委員会って何の仕事してるんですかね?
お友達特権の忖度ってやつですかね?

携帯電話料金を下げたい政府にとって、
今楽天にダメージを与えられないからかな?


という感じで、嫌な感じです。


0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事