2021年2月9日火曜日

「FBA在庫ありの割合」が増加

2020年8月のお盆明け以降、

在庫リスクを避けるために僅かな在庫数で販売していた方針から、

AmazonのFBAで販売している商品の在庫をきっちり確保するように転換し、

在庫パフォーマンス指標の「FBA在庫ありの割合」をチェックしていましたが、

40%台から50%台まで物凄く緩やかに上昇した後、

45~55%あたりを行ったり来たりが続いていて、

Amazon出荷商品の販売停止(在庫切れ)商品数の割合から、

明らかに「FBA在庫ありの割合」の算出に公表されていない要素があると、

考えていたまま年を越し、この指標をみることもほぼ無くなった昨日、

たまたま今までと大差のないパフォーマンス指標をクリックしてみると、

今週から突如+30%アップの77%という数字になっていました。


過去30日の販売時間が算出の根拠とされているようですが、

在庫を増やし始めた8月中旬から考えると、

過去半年(24週?)という期間で、

何らかの計算がされているのではないでしょうか。


「過去30日間のFBAの販売機会損失の見積り額」も、

30万円を超えていたはずが、今日見ると17.8万円で、

在庫パフォーマン指標の数字が徐々に実際と合ってきた感じです。



過去の私と同じように、

在庫パフォーマンス指標の「FBA在庫ありの割合」が上がらない!

とお悩みの方は、半年今の状況を維持し続ければ、

明らかに状況が変わるかもしれませんよ。


0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事