2021年8月23日月曜日

お客様からの叱責。

先週土曜日は出勤して、お盆で欠品していたFBAの納品を終わらせ、

日曜日に全数受領が完了し、今週中にはお盆のリカバリーが出来て、

通常営業に戻れると考えているダメ店長です。



先日、携帯電話の番号からの着信があり電話に出ると、

注文を頂いたお客様が「商品が届いたんだけど」

というような話の始まりで、これは発送ミスか?と思いつつ話を聞くと、

商品が破損しているということでした。


ネコポスで発送した商品で、

過去に外装が凹んでいるというようなことが数回あり、

発送途中で重いものが載ったのか強い力で挟まれたのか、

どっちかなんだろうなーと思いつつも、

大阪弁に慣れていない人だったらトラウマになるなと思うくらい、

今までに経験したことのないような強い口調で非を詰められ、

流石の私も1日凹みましたね。


年に1回あるかないかという頻度の事象に、

どれだけ手をかけて改善する必要があるのかを考えると、

今までどおりが最適だという結論になるのですが、

万が一リピートがあった時だけは、

ネコポスの範囲内のしっかり梱包で送ろうと考えてます。



それにしても大阪弁って怖いですね。


0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事