2014年12月25日木曜日

長期休暇の案内は必ず目立つ位置に。

一般的にネットショップの営業日はサイドバーや、
フッター部分に表示している店がほとんどで、
最低限というか通常ならそれで十分だと思います。

ですが、
年末年始やGW、お盆などの長期休暇をとる時期は、
休暇前に発送されることを想定した注文したのに、
発送されなかったというようなクレームが発生しやすいので、
商品ページ上部などの目に付く位置に、
「何日何時までの注文が休暇前に発送できるのか」
「休暇中の注文は何日から発送されるのか」
の二点を表示しましょう。

なかには休業日の案内を見ずに注文し、
勝手にクレームをつけてくる人も極少数いますが、
少し気をつければ防げるクレームは防いで、
悪いレビューを減らすことで売上アップです。


楽天市場では、
基本情報設定の「長期休暇の告知」に登録すると、
注文確認メールに挿入したり注文画面に表示でき、
ヤフーショッピングでは、
カート設定の「ストアからのメッセージ」に登録すると、
注文画面にメッセージを表示することが出来ます。




0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事