2014年12月11日木曜日

国民健康保険の免除(減額)条件

自営業者にとって
所得税や住民税よりも大きな負担になるのが国民健康保険です。

自治体によって所得基準が異なりますが、
一般的には前年の世帯全員の所得と世帯人数によって、
減額割合が7割・5割・2割と段階的に減額を受けることができ、
自治体独自に3割減額の仕組みがあるところもあります。

例えば大阪市では、
世帯所得が330,000円以下で7割軽減で、
世帯人数が3人の場合、
世帯所得が1,065,000円以下で5割軽減、
世帯所得が1,680,000以下で2割軽減、
大阪市独自(要申請)で1,170,000以下で3割軽減となります。
��2014年12月時点)


少しでも税負担を軽減するために、
自由に使えるお金をキープするために、
年末になってきたら今年の所得を試算して、
軽減を受けれる水準に利益を調整しましょう。




0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事