2014年12月9日火曜日

従業員を雇用する場合に税務署へ提出が必要な書類

正社員、パート・アルバイトなど雇用形態はいろいろありますが、
従業員を雇って賃金を支払う場合に税務署へ提出する書類です。

「青色事業専従者給与に関する届出書」を提出した場合も、
専従者を雇用していることになるので提出が必要です。


「給与支払事務所等の開設等届出書」

人を雇ってますよーってことを宣言する意味あいですね。
コレを提出すると、所得税を源泉徴収してくださいよーって書類が届き、
従業員の給料から所得税を源泉徴収して年末調整を行う必要がでてきます。

 
「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」

従業員が10人未満で、
源泉所得税を毎月ではなく年2回にまとめて納税する場合に提出が必要なので、
事務手続きの簡略化のために提出しましょう。




0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事