2015年2月14日土曜日

売りたい商品=売れる商品ではない。

ネットショップを開店する前は、
何が売れるのかわからない状態で、
いろんな商品を仕入れたりすることになりますが、
パレートの法則どおり、
満遍なくいろんな商品が売れるということにならず、
特定の商品にアクセスが集まり、
特定の商品が多く売れる結果に落ち着くと思います。

アクセスが集まる商品について、
買ってもらいやすい価格の商品を用意したり、
��個セットといった商品を用意したり、
類似品を用意したりすることで、
さらにアクセスを集めることができたり、
最終的な利益に繋がってきます。


売りたい商品と売れる商品は違います。
プライドとか理想を高く持ちすぎて、
経営を安定させることすらできず、
閉店なんてことにならないよう、
自分が売りたい商品じゃないんだよなー
なんて考えている場合ではなく、
売れる商品を売る。
という簡単なことを行い、
その後余裕が出てきたら、
売りたい商品を売ればいいんです。



0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事