2015年3月3日火曜日

付加年金に加入しよう。

個人事業主は国民年金に加入しますが、
将来的に支払った掛け金より支給額が少なくなるということもあり、
若ければ若いほど払うだけ損をするのが目に見えてます。

ですが、
国民年金を支払わないと面倒なことになるので、
免除を受けれなかった分は仕方なく払いますが、
できれば払いたくないという人も少なくない国民年金に、
付加年金というお得な制度があるのはご存知でしょうか。


付加年金とは、
毎月400円を国民年金に追加して支払うことで、
200円×付加保険料納付月数の付加年金額が支給される制度です。

例えば、
20歳から60歳まで40年(480ヶ月)付加年金を支払うとすると、
支払い総額は、480ヶ月×400円の192,000円で、
付加年金額は、480ヶ月×200円の96,000円(年額)となり、
��年で元がとれ、
��年目以降は長生きすればするほどお得になるのです。

デメリットがあるとすれば、
国民年金基金との併用ができないことと、
物価スライドがないこと、
400円しか掛けることができないことです。

加入できる人にも制限があり、
国民年金基金に加入していれば加入できないのはもちろん、
国民年金の免除を受けている人も加入できません。


ということで、
国民年金を満額支払っていて、
国民年金基金の加入を考えていない人で、
少しでも年金を増やしたいのであれば、
付加年金の加入をお考え下さい。



0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事