2015年4月25日土曜日

楽天市場のECコンサルタントがまったく役に立たない。

楽天市場に出店すると、
各店舗毎に担当ECコンサルタントがつくので安心です。
という謳い文句で出店者を集めていますが、
出店してみて「ECコンサルタントって思っていたのと違うぞ?」
と思った人が多いと思います。

忙しいときに電話してきたと思うと、
「買いまわりに合わせてポイントアップやりましょう」
「広告で一気に売上を増やしましょう」
「クーポンを発行しましょう」
「スーパーセールの半額商品を登録しましたか?」
ということの繰り返しや、
店舗ページを見れば電話しなくても済むような
「~やってますか?」というようなくだらない内容だったり、
コンサルタントと呼べるようなまともな人は、
ほぼゼロと言っても間違いではありません。

何故こういうことになるかというと、
楽天ECC(コンサルタントと書きたく無いので略します)は、
��.楽天の利益のための広告営業(自分の成績を上げる)
��.店舗の売上をアップさせる(自分の成績を上げる)
ということ目的に忠実に活動しているだけなのです。

こう考えると、広告を売ろうとしてくることも、
ポイントアップや半額登録に割引クーポンなどを薦めることも、
理解できると思いますが、
店舗の目的は利益なので売上アップとはベクトルが若干違うのです。

他店の状況などを知りたい。
無料の広告枠を貰いたい。など、
使い方次第ではECCも使えることがありますので、
ECCに使われること無く使い倒しましょう。



0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事