2015年5月29日金曜日

amazonスポンサープロダクトを使った感想

先月下旬からamazonスポンサープロダクト(広告)を始め、
1ヶ月すぎましたので使ってみた感想をお伝えします。

amazonスポンサープロダクトとは何?
という方に簡単にお教えいたしますと、
アマゾンのサイトで検索したときに表示させることができる、
クリックされたら何円というCPC形式の広告料を支払う広告です。


で、アクセスなどの実データがどうなっているかというと、
一番成果の出ているキャンペーン(ターゲティング:マニュアル)で、
クリック率 0.63%
クリック単価 2.46円
クリックした人の注文率 10.83%
広告費率 0.76%
と、キーワードを絞り込んでいるので表示回数が少ないこと以外は
かなり良い感じになっています。

全体的な広告費では、
売上に対する広告費率(売上高広告費比率)は0.79%です。

ターゲティングはオートとマニュアルの両方稼動させていますが、
キーワードを絞ったマニュアルのほうが成果が出ています。

アマゾンで売れてない商品の広告を出しても売れにくく、
アマゾンでの販売実績がありカートボックスを取れる商品で、
特にFBA発送にしている商品は、
どんどん露出させたほうが良いと考えてますが、
売れるようになり、
ランキングの上位になり、
売れていることで他の出品者を呼び込んでしまい、
逆に利益が減ってしまうリスクもあります。



0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事