2015年6月13日土曜日

ネットショップのウイルス対策は万全に。

コンピューターウイルスによる情報流出のニュースが、
世間を騒がせております。

インターネット通販を営業していると、
クレジットカード番号は保持しませんが、
氏名・住所、電話番号、メールアドレスなど、
お客様の大切な個人情報を扱いますので、
コンピューターウイルスに感染しないよう、
個人情報を流出させてしまわないよう、
万全の体制と心構えで日々運営する必要があります。

ウイルス対策ソフトを使うことはもちろんで、
��楽天規約ではフリーのウイルス対策はNGです。)
それでも新種のウイルスは防ぐことができず、
怪しいメールは開かない。
怪しいサイトは見ない。
怪しいソフトはインストールしない。
など、従業員全員が遵守できる体勢を整えましょう。

ですが、
お問い合わせメールアドレスを公開しているので、
様々なメールが届くようになり、
普通の営業スパムメールなら読まずに削除できますが、
数年前に一度騒ぎになった「かわはらりんメール」のような、
お客様からの問い合わせを装ったメールの場合は、
開いてしまう場合もあり、
万が一感染してしまった際の対応も考えておきましょう。
��基本は外部と遮断ですね。)

その他、
個人情報にアクセスできる人間を制限したり、
パソコンやハードディスク、個人情報のファイルにパスワードを設定したり、
個人情報漏洩保険に加入したりなど、
一度のミスが大きなコトになってしまいますので、
できる限りのことを考えておきましょう。



0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事