2016年4月19日火曜日

旧プリンターを使い切りました。

��ヶ月ちょっと前に「廃インクパッドが満タンになりかけです」
というようなメッセージが表示されるようになり、
予備プリンターは緊急時用の安物(カラーインク共通)プリンターなので、
印刷コスト重視のメインプリンターとして新しいのをすぐに購入したのですが、
その後1ヶ月ほど頑張ってくれた後、
ヘッドクリーニングをしたのを最後に
「廃インクパッドが満タンです。」というメッセージを残し、
印刷ができないようになりました。

勝手に仕事用のプリンターは2年寿命説を唱えていますが、
ビジネスインクジェットで耐久性がウリだったこともあり、
��年半程度の寿命で、
インク詰まり解消のためにヘッドクリーニングを何度も繰り返したことが、
寿命を早めたのかなーって感じで、純正インクを使っていたり、
インク詰まり時の対応をもっと的確に行えてたら3年は使えたような気がします。

背面に多目的トレイがあるので奥行きの幅が大きくなり、
机のレイアウトも若干変更したりしながら使い始め、
通常トレイはA4、多目的トレイはA5用と決めるのがいいのかなーと思いつつ、
理想の使い方(通常トレイでA4ホワイト、多目的で他の用紙)を模索していきます。

ちなみに購入した新しいプリンターはブラザーの「DCP-J4225N」で、
用紙をセットする度に「用紙を変更したか?」と聞かれ、
設定を変更しないといけないのは面倒ですね。
��用紙の幅でサイズを自動検知して欲しいですね。)



0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事