2016年4月22日金曜日

受け取り拒否者の勤務先が判明。

受け取り拒否をしやがった人間から、
どうしても損害を回収したいという強い気持ちで、
探偵に大金を払って勤務先調査を依頼し、
電話で「勤務先を特定しました」という一報を頂きました。

とりあえず口頭で「○○の△△で勤めてます」、
「従業員用入り口から入り。。。」という内容を聞き、
後日報告書を頂き受け取り拒否をした本人を拝見することができました。

探偵さんの尾行調査では給料の支払元がソコかどうかは特定できませんが、
その会社のホームページを見たり求人サイトを見たりして、
正社員または契約社員の可能性が非常に高く、
その会社から給料が支払われていると確信できました。

支払督促の異議がでなければ、
仮執行宣言付き支払督促を申し立てて、
送達後2週間異議が申し立てられなかったら、
就業先に給料の差し押さえ(強制執行)を申し立てます。

ですが、
こんな上手く話が進んでいくはず無いと思うので、
超ラッキーだったらというくらいに考えてます。


探偵に払った調査費用が高額だったので、
最低でも今までに使った分は回収したいです。



0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事