2016年5月10日火曜日

アマゾン 食品&飲料の出品許可申請を通すのに苦労しました。

アマゾンで特定のカテゴリーの商品を出品するには、
アマゾンへ出品許可申請をして許可を得る必要があり、
2016年3月時点の話ではありますが、
ドラッグストア、食品&飲料、ビューティーのカテゴリーは、
出品許可申請に対して厳しい審査が行われているようです。


私はアマゾンから勧誘されて出品するようになったため、
出品当初から現ドラッグストアの出品が可能でしたが、
最近になって出品の幅を広げるために、
参入障壁がありライバルが少ない「食品&飲料」への出品範囲拡大を決め、
「食品&飲料」の出品許可申請にチャレンジしてみました。

今までの販売実績や店舗の評価からすんなり通ると甘く考え、
ネット卸の請求書で申請してみると数時間でNG回答が返ってきて、
これは厳しいなーと実感しました。

その後、
出品許可申請に必用な書類をじっくりと確認し、
近所の食品の卸店で取引できそうなところへ、
「いくつか仕入れさせていただきたいので請求書発行してもらえますか?」
と電話で確認して請求書をゲットして再申請したものの、
後からネット検索で知った「ネット販売している」という理由だと思いますが、
��~2時間でNG判定となりました。

その会社はあるジャンルで地域ナンバーワンだと思う規模の卸業者であり、
そこから事務所に伺い仕入れてきたという事実があろうとも、
ネットで販売している卸店は完全NGなんだと考え、
ネットで販売していない卸店にターゲットを絞って再度請求書をゲットし、
3度目の出品許可申請を行ったところ、
数時間でのNG判定は無く、
「厳正な審査をするのに時間かかるから待っててね」という返事があり、
第2段階の審査結果を待つこと数週間、
ついに「食品&飲料」の出品を許可されました。


これから「ドラッグストア」「食品&飲料」「ビューティー」のカテゴリで
出品許可申請をしようと考えている方は、
必ずネットで販売を行っていない卸店の請求書で申請を行いましょう。
��注文個数は最小の3個でOKでした)



0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事