2016年9月16日金曜日

DCP-J4225Nの背面トレイ給紙で紙詰まり頻発

2016年4月にブラザー社のプリンターDCP-J4225Nを購入し、
今まで何のトラブルも無く使っていましたが、
背面トレイ(多目的トレイ)の給紙時に紙詰まりが発生しました。
��背面トレイには常時ヤマト運輸のA5送り状(宅急便)をセットしています)

紙詰まりを除去して再印刷しても同じように紙詰まりが発生し、
もしかするとクロネコDM便のシートが詰まったときに、
シールの一部がどこかに貼りついて残っているのかも?ということで、
背面トレイやインクヘッドの部分などを開けて、
目に見える範囲には紙のようなものは残ってないことを確認し、
紙詰まり解消シートでメンテナンスを数回行い、
再度印刷しても紙詰まり。。。

背面トレイの給紙トラブルについて情報を集めると、
給紙ローラーの清掃で改善の可能性があるということでやってみましたが、
現象は改善されず、
用紙をA4に変えてみても紙詰まりは変わらず、
「今後背面トレイ使えないのかなー」と困っていたところ、
ふとA4用紙を満タンにセットして印刷してみたらどうなるか試すと、
給紙時に紙詰まりが発生することなく印刷に成功しました。


給紙ローラーの清掃が良かったのか、
用紙を大量にセットしたのが良かったのかわかりませんが、
しばらくは用紙を大量にセットして印刷し、
プリンターのご機嫌を損なわないように使おうと思います。
��あと2年は使いたいんですけどどうでしょうかねー)


追記)
背面トレイにセットしている用紙の枚数が少なくなると、
再度給紙時の紙詰まりが発生しました。
ということで、用紙を満タンセットして使い続けることにします。




0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事