2016年10月11日火曜日

楽天ペイの負担増を試算してみました。

楽天市場からクロネコDM便で楽天ペイの紙が送られてきたので、
まだまだ先の話なので今やってどうなることもありませんが、
2017年4月から始まる楽天ペイになったときに、
支払手数料が今とどれくらい変わるか試算してみました。

閑散期で売り上げが少ない時期の直近3か月は、
2か月手数料増&1か月手数料減で3か月でみるとほぼ横ばいとなり、
繁忙期の昨年12月は手数料が大きく増加しました。

売上が少ない場合は、
月額3000円と1件15円のデータ処理量が無くなるので、
クレジット決済かどうか関係なく一律3.5%でも影響は少なそうですが、
売上が100万円を超えてくると負担増になることは間違いないでしょう。


私がメリットと感じるのは、
銀行決済(勝手に楽天銀行の口座を作ったやつ)をやっていなかったりするので、
その分売り上げが増えるかな?ってことくらいで、
決済事務負担なんてものはほとんど軽減しないでしょうし、
メリット分以上の手数料負担となることは間違いないと思います。



0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事