2018年4月18日水曜日

ゆうパックの集荷担当が信用できない。。

販売する商品で危険物っぽいものは、
事前にアルコール度数などを調べたりしているのですが、
メーカーに電話で問合わせすると、
「販売店には教えていない」
「運送会社には開示している」
というような回答が返ってきました。

話の持っていきかたが悪かったんでしょうが、
仕入れた後に実はガチの危険物でゆうパックで送れない。
なんてことになると困るので、
商品情報を印刷した紙を用意して、
ゆうパックの集荷に来た人に、
「コレゆうパックで送れますか?」
「メーカーに聞いたらアルコール度数教えてくれなくて。」
と問合わせしてみた翌日の返答は、
「陸送ならOKです。」ということでした。

アルコール度数24%以上だったんですか?
という問いには「メーカーには聞いてません」で、
何故飛行機には乗らないんですか?
という問いには「液体は飛行機に乗らないんです」
というような理解不能なことを言ってくるので、
集荷人の言葉を信じることができなくなりました。


原料の一番最初に水と記載されているので、
水が一番多く使われているということが想像でき、
エタノールが50%以上になる可能性は無いと思うので、
取り扱い商品に入れることにしました。



0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事