2018年8月7日火曜日

世間知らずは損ですね。

事務所移転のことで、
今の賃貸事務所では火災保険に入ってませんが、
新事務所で大きな地震がきたらいろんな意味で危ないので、
すぐにとは言わないけれど地震保険に入ろうと、
保険料の安い共済に入る前提で移転の予算を考えていました。

事務所を購入し、
そろそろ保険のことも考えようかとネット検索しみると、
住居じゃない建物は共済に入れないと知り、
さらには保険会社の火災保険や地震保険にも入れないと知り、
事業総合保険というような名前の保険に入って、
さらに地震の特約を付けるという方法になると知りました。

さらにさらに、
築年数の古い建物は地震保険に入れない会社もあるとか、
保険のことを何も知らない私には、
軽く考えすぎていたことを悔いるしかありません。。
��事業者なら当然知ってる話ですかね?)


��階には荷物を置かないつもりなので、
上から重たいものが落ちてきて怪我をするということは、
考えにくいのですが、
大きな地震で事務所が倒壊したら御仕舞いになってしまうのと、
高い保険料を払ってでも地震に備えるのと、
どっちを選択するのがベターかを考えると、
多少高くても保険に入るべきかなーと思いますが、
根本的に築古の未登記建物が保険に入れるのか?
ってところがありますので、
保険に入れない場合は、
10年で投資した資金を回収したら、
新しく事務所物件を購入して、
住居として再リフォームして、
賃貸大家さんになろうかと思います。



0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事