2019年5月28日火曜日

FBAへ納品する箱(輸送箱)の大きさ。

2019/5/25時点で「Amazonへの個口配送」
というヘルプページに記載されているとおり、
各種輸送箱のサイズは、標準サイズの商品で、
「三辺が50cm x 60cm x 50cmより小さい」と決められております。

https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/help.html?itemID=200280260&language=ja-JP&ref=mpbc_200315800_cont_200280260


このことを知っていましたが、
この規定サイズよりも少し大きな箱があり、
「大きな箱は使わないともったいない」という自分勝手な都合で、
納品プラン作成時にも計測した箱のサイズを入力し、
規定より少しだけ大きなサイズで納品してみました。

翌日、商品の到着メールは届いたが、
通常なら数分以内に受領開始メールがくるはずのなのですが、
なかなか受領開始しない納品プランがあり、
しばらくして「あの箱が大きいやつか!?」と気づき、
これは着払いで戻ってくるパターンかと、
やっぱりダメだったんだと、
規約を守れないと自分を恥じました。


帰宅後、よくよく記憶を辿ってみると、
その日は2つの納品プランを作っていて、
受領が始まっていない納品プランは、
大きな箱じゃないような記憶があり、
既に受領済みになってるんじゃないかと思いましたが、
私の記憶なんてのはあてにならないので、
今朝納品プランの状況を確認すると、
記憶どおり大きな箱は昨日の朝時点で受領完了になっていて、
なかなか受領開始にならなかった納品プランも、
さきほど全数受領済みになりました。
(FSZ1は混んでいるのですかね?)


無事に受領はされましたが、
今後は当たり前のごとく
規約をきちんと守ろうと心に誓いました。



0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事