2020年3月25日水曜日

4月からヤマト運賃が上がる

昨年末に法人成りをヤマト運輸に伝えたら、
今年4月から運賃見直しの見積もりという、
素敵なプレゼントをいただきまして、
あっという間に直前まで過ぎてきました。

多分、法人にするくらい儲かってるんだったら、
多少運賃を上げても大丈夫だろうという、
便乗値上げだと受け止めてまして、
運賃が上がるなら送料の見直しをしないとなということで、
お客様にきっちり転嫁させていただくことにしました。

Amazonへ納品する運賃も上がりますし、
マケプレプライムの商品の運賃負担も重くなりますので、
利益の少ない商品は取り扱いをやめて、
お願いする荷物の量が減るなーと思っていたところ、
「1-2月で昨年より荷物が減っているのは何故?」と、
集荷のドライバーさんに聞かれました。

何故?と考えてすぐに思いついたのは、
去年の11-12月をピークに取扱商品数を減らしていることで、
そのまま包み隠さず答えました。

今まではほぼ右肩上がりでやってきましたので、
初めてそんなこと聞かれてビックリしましたが、
そういえば扱う荷物が減ってると聞いたことがありますし、
上から「減らすな」という指令が下りてきてるのかなー
って思いましたね。

荷物出して欲しいんだったら値下げしてくれたらいいのに、
値上げはするけど荷物は減らすなと言う、
無理難題を押し付けられて若干嫌な気がしました。


皆様も同じようなこと聞かれたりしたことありますか?



0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事