2020年5月27日水曜日

キャッシュレス決済の補助還元金が少ないので問い合わせたら。

5月某日、
Amazon様からキャッシュレス決済の消費者還元事業で、
加盟店手数料補助還元金の支払い通知メールが届き、
金額を見ると明らかに少ない。。。

ということで、手数料補助金の計算方法を調べ、
確信を持てる計算方法は見つかりませんでしたが、
前回分の支給額に近くなる、
売上の1%くらいというざっくりとした計算方法で、
今回分(1-3月分)を計算したところ明らかに少なく、
というか半分くらいになっていましたので、
恐らくは法人成りをした都合で、
キャッシュレス決済の消費者還元事業についても、
加盟店の法人格の変更手続きを行った結果、
法人として加盟店登録された日からの売上で、
還元金が計算されているの可能性が高いと確信を持ち、
Amazon様に、
「法人格の変更の手続きをしてからの分しか無いのでは?」
と問い合わせてみました。

数日後に返ってきた返信には、
「仰る通りでございます。」
という回答しか無く、私が言いたいのは、
「個人事業主時代の還元金は支払われないのか?」
ということなので、再度問い合わせをしたところ、
「特別対応で還元します。」
という回答が数日後に返ってきました。

お客様には既に5%が還元されてるはずですし、
期間の途中で法人格を変更した場合に、
元々の法人格(多くは個人事業主)の加盟店としては、
補助金が貰えないのはあり得ないと思いますし、
Amazon様が指示する手続きで個人事業主として、
「中小・小規模事業者向けキャッシュレス・消費者還元事業」
に加盟し、期間の途中で法人成りをしたことについて、
Amazon様が指示する手続きで法人格を変更したので、
普通に個人事業主時代の分も還元されるのだろうと考えていましたが、
何故か補助金が支払われない。
ということで焦りましたが、
「特別対応」という言葉には若干の違和感がありつつも、
いつかのタイミングで支給していただけることに安堵しました。

もしかするとAmazon様のシステムで、
法人格を変更した場合に、
変更前の事業者としての売上に対する補助金を
国に対して請求してないのかな?
というかシステムの設計ミスで漏れてるのかな?
と思ったりもしますが、もし国には請求しておらず、
身銭を切って私に支給していただけるとしたら、
「特別対応」という言葉に理解はできますが、
私としては何も「特別」なことは無い。
というのが正直な気持ちです。

キャッシュレス・消費者還元事業に、
個人事業主として加盟した後に法人成りをして、
Amazonアカウントの登録も変更された方は、
(もちろん還元事業の法人格変更をした方で)
法人で加盟した日からの分で、
加盟店手数料補助還元金が計算されてる可能性がありますので、
ご確認の上、少ないと確信したらAmazonに問い合わせましょう。

そして、
給付の日程は決まっていないということでしたが、
「特別対応」の回答が届いてから1週間ほどで、
ペイメントに還元金が追加されていました。

めでたしめでたし。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事