2020年6月30日火曜日

楽天への最後の支払いが終わりました。

本日、3月に退店した楽天市場への、
最後の手数料支払いをして完全に縁が切れたダメ店長です。

テレビでファッションセールとかっていうCMが出てたり、
YouTubeにも3,980円送料無料をアピールする広告が出てたり、
さらには昨日?の新聞朝刊に一面広告がでてまして、
取り上げられてるのは当然友の会店舗でしょうけど、
広告費を結構使ってるなという印象で、
楽天市場出店者の皆様は、
楽天が広告を出して集客している恩恵を受けれてますか?

嫌々ながらも39ショップにした店舗様は、
当然のように三木谷氏が言われたような、
(送料負担増は考えずに)
何割増しかの売上になってるんでしょうかね?


2020年7月以降の出店は3,980円送料無料強制になるようで、
7月以降出店店舗は酒でも3,980円送料無料。
6月以前出店の対象外店舗は独自設定。
6月以前出店の対象店舗は3,980円送料無料でも、
酒など一部ジャンルや個別配送商品などは対象外など、
楽天らしい後付け満載で、
どんどんわかりにくくなっている感は、
楽天の中の人にはわからないんでしょうかね?


楽天モバイルでこっそり機種の仕様を変更して騒がれてる件は、
楽天なら普通によくある話というか、
楽天らしさがしっかり出てるなという印象しか無く、
法令順守よりも優先する何かがあるんでしょう。

さらには楽天モバイルの店舗レビューが、
2020/06/30の朝時点で2.46なのは、
強制閉店させないといけない劣悪な店舗ですし、
2重課金に商品が送られてこないなど、
詐欺だと言われても反論できない事象が起こってますが、
楽天という会社に公共の電波を使わせること自体が、
間違いなんじゃないでしょうかね。

退店してることもあり、
早く倒れてくれたらいいのにって思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事