2021年3月15日月曜日

在庫パフォーマンス指標が上がらない。

前回の発送ミスから1か月過ぎて次のが発生する時期なので、

気を引き締めていかないとと思っていますが、

朝から発送ミスを2回やってしまいかけ、

ミス検知機能が作動してギリギリ難を逃れたダメ店長です。

(2回だけとは限らないのですべて防げたかは微妙です。)



昨年のお盆明けから、

Amazonの在庫パフォーマンス指標が上がらず、

私が想像している数字とかけ離れたほど低い「FBA在庫ありの割合」が、

上がらない原因だと考えておりましたが、

今年に入ってから「FBA在庫ありの割合」が一気に30%以上上がり、

「悪い」から「普通」の評価に変わって、

在庫パフォーマンス指標も上がってくるだろうと思ってましたが、

毎週2ポイントずつくらい下がっている状況で、

「FBA在庫ありの割合」が原因ではなかったのか?

何が原因なんだろう?ってわからなかくなっています。


現時点の在庫パフォーマンス指標は「555」で、

ほかの出品者と比較できないので妥当性がわからず、

余剰在庫の割合は「2.11%」

FBA販売率は「4.6」

有効な出品情報がないFBA在庫の割合は「0.00%」

FBA在庫ありの割合は「76.23%」

と晒してみますが、皆様との違いはどんな感じでしょうか?



0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事