2021年3月8日月曜日

来年セーフティ共済の任意解約か?

先日、社宅を購入するかもしれなくなり、
セーフティ共済の出口戦略について考えていたところ、
つまらない勘違いをしていたことに気づきました。

今の掛け金が550万円ほどで、
セーフティ共済を任意解約して再加入したとすると、
550万円の益金に対して再加入時の損金は、
年間240万円(20万円×12か月)が最大だから、
310万円くらい経費計上できないと解約しづらいなーと、
間違ったことを考えておりましたが、
期首に再加入すると、11か月分を普通に支払って、
12か月目に12か月分の前納をすると、
最大23か月分(460万円)の掛け金を、
1年で払うことができることに気づいたんです。

この方法なら90万円の経費が経常出来れば良くなり、
今の自宅を会社に売却して社宅にしたら、
登記費用や不動産取得税に、建物分の減価償却費など、
少なくとも90万円は余裕だろうということで、
来年すぐに任意解約するつもりで考えることにしました。


私の計算では200万円近く経費計上できると思うので、
来年1年で350万円ほどを掛け金にして、
その後は20年くらいかけて800万円に到達する掛け金にしつつ、
4年後から任意解約も選択できるような状況にしようと思います。



0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事