2021年9月27日月曜日

社会保険事務所の調査対象に選ばれました。

今朝出勤すると、社会保険事務所から郵便が届いてて、
何の用?と全く心当たりが無く封筒を開けると、
「社会保険事務の総合調査について」
というタイトルの文書が入ってました。

社会保険事務所の総合調査って何するの?
って感じで内容を確認すると、当日ご用意いただく書類等に、
労働者名簿、雇用契約書、
源泉所得税領収証書、個人別所得税源泉徴収簿、決算書類、
賃金台帳(または賃金支給明細書、給与振込明細書)、
出勤簿またはタイムカード、就業規則(労働協約)及び給与規定
といった文言があり、社会保険に加入すべき対象者を、
誤魔化してないかどうかの調査なんだと理解しました。

指定された書類の中に作っていないものが多々あり、
労働者がいない法人でも作る必要があるのか等を、
電話で確認してから当日を迎えようと思います。

というか、
税務署でも都合の良い日程を聞かれましたが、
あらかじめ日時が決められてるってどないやねん。

税務署でも事務所に来てくれるのに、
(都合が悪ければ相談可能なようですが、)
決められた日時に訪問しろってどないやねん。
ということが若干不愉快でございます。

続報あればお伝えいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事