2015年5月4日月曜日

慶弔費を経費計上しよう。

私なんかは知り合いが少ないもので、
知人の冠婚葬祭などに出席することがほぼ無いのですが、
ご祝儀や香典などが結構多額になってる人やそうでない人も、
漏れなく経費計上するようにしましょう。

知人が仕事と関係ないから無理って考えるかもしれませんが、
今までは仕事と関係なかったからといって、
未来において仕事と関係無い可能性はゼロではありません。

特に冠婚葬祭に出席したからには、
将来仕事に繋げようと思って出席するようにすれば、
仕事をとるために出席したんですと言い切れますし、
税務署も仕事に関係ないと言い切ってこれません。

レシートが無いし無理じゃないの?
って思うかもしれませんが、
出金伝票に出席した日と相手の名前に金額を記載すれば問題ありません。


知人が従業員だった場合は福利厚生費に計上し、
親戚など身内の場合は経費にはできないことを覚えておいてください。



0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事