2020年1月26日日曜日

BASEとSTORES.jpの比較。

BASEとSTORES.jpのショッピングサイト開設サービスを、
固定費を削減するという目的で、
カラーミーショップからの移転するにはどっちが良い?
という視点で比較してみました。
(2020/1/25時点の情報です)

基礎情報として私のショップは、
1000円前後のドラッグストアで売ってるような、
日用品を販売している店舗で、
配送方法はメール便と宅配便の2種類使っております。


��.月額料金の比較

BASEは基本的に無料で、
追加機能を使った場合に費用が発生することがあり、
STORES.jpもBASE同様基本的に無料で使えますが、
月額1,980円で販売手数料が安くなるプランがあります。

私の場合は固定費削減が目的なので、
STORES.jpの月額1980円プランは考えず、
どちらかの固定費無料を使うとして比較しました。

STORES.jpの月額1980円のプランを考えるなら、
MakeShopやShopServeやカラーミーショップと比較し、
月額料金と販売手数料や必要な機能があるかどうかで、
選択するべきだと思います。


��.販売手数料の比較

BASEは、注文金額の3.6% +40円が決済手数料で、
さらにサービス利用料3%が追加されるので、
合計で注文金額の6.6% +40円が販売手数料です。

STORES.jpの月額無料プランは注文金額の5%で、
こちらのほうが完全にお得ですね。


��.決済方法に代引きを追加できるか。

BASEとSTORES.jpの月額無料プラン共に使えませんが、
STORES.jpの月額有料プランでは利用可能です。


��.配送方法を複数登録できるか。

BASEとSTORES.jpのどちらも複数登録できますが、
商品に対して複数設定できるBASEだけです。

商品Aはメール便か宅配便のどちらか選択でき、
商品Bは宅配便というような販売方法をするなら、
BASEの1択(または他の有料サービス)です。


��.独自ドメインを設定できるか。

BASEは無料で設定できますが、
STORES.jpは有料プランのみ設定可能です。


ということでこの時点で私は、
販売手数料が若干高いですが、
独自ドメインが無料で設定でき、
配送方法が商品に対して複数設定できる、
BASEしかないという結論に至りました。

私は固定費のかからずに、
必要最低限の機能があるという条件で選択しましたが、
BASEが誰にとっても最適だと言うことでは無く、
ご自身のショップにフィットできるかどうかを検討し、
フィットしないことが多数出てくると思いますので、
月額が有料のサービスである、
MakeShopやShopServeやカラーミーショップとも比較し、
無料でいくのか、必要な機能のために有料を選ぶのか、
決定していただければと思います。




0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事