2020年1月25日土曜日

三井住友銀行に法人口座を開設してみた。

2020年1月に法人を設立し、
三井住友銀行に法人口座の開設をした記録です。

1/9(木)午前中に最寄りの支店へ行き、
口座開設の申し込み用紙に記入し、
履歴時効全部証明書と法人の印鑑証明書と、
法人の代表者である私の運転免許証を渡して、
コピーを取ってもらいました。

法人の実質的支配者が誰というのを記入するのですが、
初めての経験でなんじゃこれ?って感じでしたね。

受付の方が「審査には2週間から1か月かかるかも」
ということでしたが、銀行様には従うしかなく、
結果を待つことにしました。

元々は個人事業主で8年数か月前に、
該当の支店に屋号付きの個人口座を開設していて、
すんなり法人口座を開設できると思っていましたが、
口座開設の審査が厳しくなっているらしく、
申し込み用紙には、
個人口座を開設してるなんてことを記載する欄も無く、
法人と個人は別人格だし考慮されないのかなと、
さらには、履歴時効全部証明書の目的欄に、
ネット通販以外にも株式投資やら不動産賃貸業など、
いろんな事業を記載していることが、
審査に悪影響ではないかと、
かなり不安になってきておりました。

そして待つこと6営業日後1/20(月)、
申込書に記入した電話番号が間違っていたんじゃないか?
ということが猛烈に心配になり、
申し込みを行った支店に電話で問い合わせると、
電話番号は間違っておりませんでしたが、
「主な取り扱い商品が何か?」
ということを申し込み時に聞かれ、
「ドラッグストアのようなものなので主なのは特に無い」
と返事しておいたのがマズかったらしく、
主な取扱商品を示さないと提出すべき許認可書が分からず、
審査に入れないようで、これから三井住友銀行に、
法人口座開設の申し込みをしようとしている方は、
必ず主な取扱商品は伝えておくことをオススメします。

ということで、
開業当時にメイン商品だったカテゴリーを伝え、
その翌々日の1/22(水)の午後、
追加で必要な書類も要求されず、
口座が開設できるという連絡をいただきました。

翌日の1/23(木)の午後に窓口で口座開設の手続きを行い、
ついでにインターネットバンキングである、
パソコンバンクWeb21のライトタイプ(月額無料)の申込みを行い、
キャッシュカードの出来上がりと、
インターネットバンキングの利用開始を待つのみとなりました。


かなりの心配症なので、
連絡が無い間は審査が通らないんじゃないかと不安になりましたが、
個人事業主時代の付き合いが活きたんじゃないかと思います。

法人口座開設の申し込みから2週間で口座開設でき、
無事に終わって本当に良かったです。


0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事