2020年1月16日木曜日

楽天がTVや新聞で報道されてますね。

14日の日本テレビ系の番組「スッキリ」で、
楽天3980円送料無料の強制問題が取り上げられました。

識者の見解としては、
送料が分かりにくいなら明確にすれば良いだけ。
という真っ当な話でしたが、
独占禁止法に抵触するかどうかは微妙ということで、
このまま公正取引委員会も動かずに、
開始まで流れ込むのではないかと思っていますが、
楽天市場出展者の皆様は、
商品価格に上乗せや、現状のまま受け入れるなど、
どのように対応するか決まっておりますか?


楽天の言い分として、
実験では15%売上が上がった。
ということらしいですが、
アフィリエイト課金増のときの試算も大ハズレでしたし、
いろいろな店舗があるなか、
どういった店舗で実験を行ったとか、
比較対象の期間(前年同月比?)がどうとか、
毎年普通にしてても15%増の店舗で試験したんじゃないのとか、
出店店舗に明かせない何かがあるんだとしか思えませんよね。

3980円送料無料の強要をされた場合、
どれくらいの運賃負担が増えるか計算しましたか?

私の場合はどう考えても売上増にはなるかもしれませんが、
売上増分以上の運賃負担が増えると思っています。


楽天は好き勝手やって出店店舗に愛想つかされて、
携帯電話事業で大失敗を起こして身売りして、
経営陣が完全に入れ替わったら良いんだと思ってます。



0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事