2020年8月4日火曜日

ヤマト便によるFBA納品コストの再計算。

今まで宅急便でAmazonのFBA納品を行っておりましたが、
ヤマト便に切り替えたことにより、
納品にかかる送料が大幅に安くなったので、
120サイズ(15kg)基準で算出していた商品毎の納品費用を、
ヤマト便価格で再計算することにしました。

今まで3回ヤマト便を使っておりまして、
80kg、160kg、160kgという重さだったことと、
重くなる毎に安くなる幅が縮まることに、
まとめて送ることを重視すると欠品が増えることから、
120kgで送ることを想定することにしました。

送り先は3回共にFSZ1だったので、
神奈川県上記以外の価格帯で、
基本は商品重量と重さ当たりの送料をかけて、
大きいものと小さいものが同じコストというのもアレなので、
少しだけ商品容積による容積換算重量も考慮しました。

1箱当たりで考えると40%近いコスト削減ですが、
商品の重さや大きさによって大きく下がる商品や、
逆に高くなった商品もあったりで、
何か計算間違いしてるのかな?って思うくらい、
平均で40%も下がっていないような気がしていますが、
とりあえずこの納品コストを使って、
それぞれの商品の利益を計算することにします。


ということで、
今まで利益が少なかったので取り扱いを控えていた商品が、
いくつか利益有りに変わってきましたので、
忙しくなるのは覚悟の上で商品を増やしていくつもりです。
(当然利益無しは思い切って売り切ることもしながら)


0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事